保湿サプリランキング!

カサつく肌は化粧ノリも悪くて、いっそう年齢よりも老けてみえます。うるうるピンの肌が理想ですが、そのためには保湿がなにより大切。というのは、普段からケアに気を使っている人なら誰でも知っていることですね。

 

しっとり、とてもしっとり、というような化粧品をライン使いされている人も多いのでは?ところが、年齢を重ねるうちに、外からの保湿だけでは潤いが十分保てなくなるのも事実。

 

そこでおすすめしたいのが、保湿サプリです。肌を元気にするプラセンタ、肌内部で水分を保つヒアルロン酸、コラーゲンの元となるアミノ酸が、保湿力アップに〇!当サイトでは、これらを配合した保湿サプリをご紹介しています。

 

 

FUWARIの特徴

濃密純プラセンタでお肌を中から元気にうるうる。圧倒的なアミノ酸量を誇るプラセンタを使った保湿サプリです。1日めやす3粒に、プラセンタ360r配合。そのほか美容に欠かせない5つの成分を贅沢に配合しています。真皮保湿のヒアルロン酸・エラスチン、表皮保湿のセラミド、抗酸化作用のアスタキサンチン・ビタミンEです。30日間モニターテストでも、ほとんどの人が違いを実感。90日間返金保証もあり、初めてでも安心です。

価格 980円
評価 評価5
備考 1日めやす3粒。プラセンタ360r配合

 

 

ヒアロモイスチャー240の特徴

ヒアルロン酸の水分保持力で潤う肌に。ヒアルロン酸は肌の水分保持に役立ち、乾燥を緩和する機能があることが分かっています。キューピーが食酢の発酵技術を活かし、良質で高純度なヒアルロン酸を生成。1日めやす4粒に、ヒアルロン酸240r配合しています。約3週間の継続で、乾燥やつっぱり感の違いを感じる方が。食品メーカーの安心サプリです。

価格 1,780円
評価 評価4
備考 1日めやす4粒。ヒアルロン酸240r配合

 

 

すっぽん小町の特徴

すっぽんのアミノ酸でお肌に潤いの素をプラス。国産のすっぽんをまるごと配合しています。すっぽんには必須アミノ酸をはじめアミノ酸が豊富に含まれています。また、コラーゲン、鉄や亜鉛といった女性に嬉しいミネラルも。1日めやす2粒。カサつきがなくなったという声あり。発送日から30日間の返金保証もあり、安心です。

価格 2,570円
評価 評価3
備考 1日めやす2粒。国産すっぽん丸ごと配合

 

保湿の正しいやり方。間違った保湿は意味がない

 

肌を保湿するということは、いったいどんなことを意味するのでしょうか。名前のままに解釈するのであれば「湿っている状態を保つ」ということになります。要するに肌の中に適切な量の水分が保持されている状態のことを指しています。ですから肌の中に水分があったとしても、それだけでは保湿とは言えないのです。どうしてかというと水分というのはずっとそのままであるわけではなく、いつか蒸発してしまうからです。蒸発することなく水分を肌の中にとどめておけてこそ、保湿と言えるのです。

 

蒸発しないように保湿するには油分が必要なのです。私たちの体の中から分泌されている皮脂を指します。皮脂といえば肌のトラブルの原因になるなど、何かと嫌われ者の存在です。ですが肌の水分を保持していくためには必要不可欠となるものなのです。

 

保湿というのは適切といえる水分が良質な油分により蒸発を防ぎ、肌の中にに保持されている状態のことです。。効果のある保湿をしようと思ったならば、水分と油分の両方が必要となるのです。化粧品で例えたなら化粧水と乳液や保湿クリームなどがその役割を果たしてくれます。化粧水により水分を補給し、乳液により蒸発を防ぎつつ保湿するということです。もし化粧水だけしか使用しなかったのだとしたら、水分はどんどん蒸発していってしまいほとんど効果はないでしょう。

 

さらには肌上の水分が蒸発していく際、肌の中にあった水分までも持っていってしまうでしょう。いわゆる「過乾燥」ということになります。だから化粧水しか使わないというのであれば、むしろ何もやらないでいた方がマシなのかもしれません。その逆に、乳液やクリームのみを使うというのも効果が期待出来ません。もともと水分が足りていないから乾燥しているというのに、水分の蒸発を防ぐ目的の油分だけを塗ったとしても、保湿することは出来ないのです。

 

保湿力を上げるサプリ成分

 

コラーゲンといえば肌にたっぷりの潤いを与えてくれるイメージがありますよね。そのためスキンケア化粧品を選ぶ際はコラーゲンが配合されたものを選んでしまいがちです。そのようなコラーゲンではありますが、そもそもどんな成分であるのでしょうか。なかなか具体的に知っているという方はそう多くはないような気がします。

 

コラーゲンというのはタンパク質の一つです。人間の体はおよそ10万種類のタンパク質によって構成されています。そしてその1/3ほどを占めているのがコラーゲンとなります。体内には約30種類ものコラーゲンが存在することが確認されていて、私たちの骨や関節、腱、血管、肌といったあらゆる部分に存在しているのです。私たちはコラーゲンという成分は美肌効果があるものだと信じてきました。実際に肌とコラーゲンの間にはとても深い関係があるようです。

 

私たちの皮膚は外側部分より「表皮」「真皮」「皮下組織」というように分かれています。その中の95%は、肌の形や弾力を保つ作用をもつ「真皮」となります。その真皮のおよそ70%(水分を除いた乾燥重量)がコラーゲンなのです。真皮には必須とされるコラーゲンは古いものを分解していき、新しいものへと作り変えながら、肌を健康な状態に保ってくれているのです。コラーゲン合成というものが活発に行われることこそが、美肌を保っていくうえにおいてとても重要となるのです。コラーゲンは新たに生まれ変わることで表皮の新陳代謝というのもスムーズに行われることとなります。
そして、肌の健康が保たれるのです。

 

保湿に効果のある化粧水

 

洗顔をした後には必ずといっていいほどスキンケアを行います。乳液や美容液などをたっぷり使って保湿効果を高めることも大切でしょう。でもここで最も重要となるのは化粧水をたっぷり使うことなのです。化粧水には洗顔後の肌を整えてくれる働きがあります。でもそれだけではなく、その後に使うはずの乳液や美容液といったものの美容成分を浸透させやすくしてくれる導入剤の働きも兼ね備えているのです。ただほんの少しの化粧水を使っただけでは、肌の調子はよくなりません。ある程度の量の化粧水を使ってあげて、乾燥している肌のキメを整えてあげることにより、その後に使うであろう美容液などの美容成分がより浸透しやすくなっていくのです。ですから、もったいぶらずに化粧水はたっぷり使ってあげましょう。

 

近頃は大人にきびのためのパックというものも販売されています。あごの部分ににきびが出来ると気になりますからね。なんとか治したいと買っていく人も多いようです。通常のパックはほとんどのものが洗顔した後に化粧水で肌を整えてから使うこととなっています。化粧水がパックに含まれる美容成分を、できるだけ肌の奥の方まで届けられるようにたっぷりと使ってあげましょう。みなさんは化粧水をつける際、手のひらなどを使って顔をパシパシとたたいていませんか?この場合たたき過ぎないよう注意が必要です。

 

もしあごにきびが出来ているのだとしたら、にきび周りというのはとても敏感な状態になっています。女性でしたら、生理前や生理中・生理後などの時期は、肌がとても敏感な状態です。そんな時パッティングをし過ぎてしまっては、肌を痛めることになりかねません。

 

保湿力を上げる入浴後のスキンケア

 

みなさんはお風呂から上がった後にしっかりとお肌を保湿してあげているでしょうか。またその際にどんな方法で保湿しているのか、どんなアイテムを使っているのか、他の人のやり方が気になりますよね。自分の行っている方法が正しいのか、またもっと効果的な方法があるのではないかといったことが気になるだろうと思います。きちんとお肌を保湿し続けたなら、思わず触れたくなるくらいにすべすべとした潤いある肌へ変わっていくことでしょう。

 

私たちが毎日のように行なっているスキンケア。そのスキンケアの基本となっていることが「洗う」「補う」「保護する」です。その中でも保湿というのは「補う」と「保護する」の両方を兼ねている大切な基本のお手入れなのです。出来るだけ丁寧にお手入れするよう心がけましょう。

 

入浴後の顔の保湿で必要なのは化粧水をしっかりとなじませること、+αのうるおいを与えてあげること、乳液やクリーム等でつつみこんであげること。これら3つになります。化粧水を使う際は、記載にある使用目安の量を使ってあげてください。一度につけるのではなく2〜3回に分け、つけてあげてください。手に取って顔全体にいきわたらせましょう。掌を肌にぴたっとつけてハンドプレスすることにより、化粧水がしっかり肌になじんでいきます。コットンを使う場合には、ひたひたになるようたっぷりと化粧水を染み込ませましょう。そして、顔全体に均一につけていくのです。肌の態によっては美容液等を用いてプラスアルファのうるおい成分を与えてあげましょう。ストレスをたくさん抱え込んでいたりすると、肌の調子も狂ってしまいます。根本的な原因を解決することが一番ではありますが、まずは出来ることからしてあげるとよいでしょう。

 

保湿に良い精油

 

アロマテラピーにはまっている女性はたくさんいらっしゃいますよね。その際に使う精油ですが、スキンケアをする時にも用いられたりすることが多いようです。オーガニック化粧品では有効成分としてもたくさん使用されています。そこでふと疑問に思ったのは、精油には保湿効果といったものがあるのだろうかという事です。

 

アロママッサージをする際にマッサージオイルを使いますが、その際にも保湿しているのではないのかという人もいます。でもその逆に、オーガニック化粧品というのは精油にあまり保湿効果がないために乾燥しがちなのだという人もいるようです。精油は香りからも効果が得られますが、それ以外にもいろいろな作用があるのです。保湿効果を持ち合わせた精油というのも存在するのです。

 

精油を使って乾燥肌のお手入れをする場合には、エモリエント作用や保湿作用がある精油を使用することになります。エモリエント作用とはどんなものなのでしょうか。それは皮膚からの水分が蒸散していくことを防ぎ、潤いを守り続け、柔軟な皮膚にしていく作用のことになります。最も身近なエモリエント剤として皮脂があります。ですが皮脂だけではどうしても不十分となりますので、そんなな部分を補い肌に働きかけることが役割となります。乾燥肌に効果を発揮してくれる精油には、カモミール・ローマンやキャロットシード、サンダルウッド、パルマローザ、フランキンセンス、ゼラニウム、ネロリ、シダーウッド、マンダリン、ジャスミン、ローズ、ローズウッド、ラベンダーといったものが挙げられます。ここに挙げただけえはまだまだ足りないくらいです。

 

保湿力が上がるとシミ、シワができにくい!

 

私たちは毎日、朝晩スキンケアを行っています。どうしてお肌のお手入れをし続けているのでしょうか。まずスキンケアを本格的に始めたときのことを思い起こしてみてください。多くの方が、思春期の時期に出来たニキビの治療を始めた時ではないでしょうか。運よくニキビで悩まされることのない思春期を過ごした方も、冬の時期に乾燥肌は気になるようになった、あるいは毛穴の開きが目立つようになってきた、そんな理由でスキンケアを始めているだろうと思います。

 

私たちはどうしても事前に対処するということはあまりせずに、何かが起こってしまってから対処をすることが多いのです。しかも、それだけではなくいざ事が起こってからも、まだ大丈夫、まだ大丈夫と高をくくってしまいます。笑った時に目じりにシワが出来てしまったとか、笑うとほうれい線がくっきり目立つようになったとか、いつの間にかシミが現れはじめたとかこういったことは気づいていながらなんとなくそのまま流してしまうことも多いのです。シワであってもシミであっても、たった1日出来てしまったわけではありません。それなりに時間や過程もかかっただろうと思います。シワやシミが目で確認出来るようになって、慌てふためいて化粧品をアレコレ駆使したとしても、そう簡単には消えないのです。

 

私たちが毎日のように行っているスキンケアは、肌を保湿していくためのものです。美容液などのスペシャルケアが生きるのも、肌が保湿されている状態であることが大前提となります。もうすでにシミやシワが出来てしまっている人は、保湿の段階において失敗してしまったということです。