化粧下地で変わる肌の印象!保湿成分でキマる?

お肌の乾燥が気になる女性は、化粧下地から変えてみてください。
保湿成分の入った化粧下地を活用する事によって、きちんと保湿対策できるでしょう。

 

化粧下地の役割と選び方

 

化粧下地をファンデーションを塗る前につけておくと、お肌をより美しく見せることができ、メイクの仕上がりを左右します。

 

ファンデーション選びも重要ですが、それ以前に、肌に直接つける化粧下地の選び方にも慎重にならなければなりません。
肌質に合わない化粧下地を使っていると、肌荒れを起こしてしまうことや、化粧のりが悪化する原因にもなってしまいます。

 

保湿対策になる化粧下地を選ぶ

 

肌の水分や油分が少ないと、乾燥を招いてしまいます。
乾燥肌の人は特に化粧下地にこだわりましょう。化粧下地を選ぶ時には、保湿成分がちゃんと入っているものを選びます。
ここでいう保湿成分と言えば、以下のようなものが挙げられます。
・レシチン
・コラーゲン
・セラミド
・ヒアルロン酸

 

紫外線カットしてくれる化粧下地

 

また、お肌を紫外線からガードしてくれるような化粧下地を選ぶのもポイントです。かといって、SPFやPA値が常に高い化粧下地を使っていると、肌への刺激が強く、逆に乾燥してしま恐れがあるので、シーンに合わせて使い分けるといいでしょう。

 

乾燥しやすい肌におすすめの下地クリーム「ヘヴンヴェール」

 

ヘヴンヴェールはなめらかに肌に密着し、皮脂や汗による化粧汚れを防いでくれます。

 

透明感ある肌質に仕上げてくれ、日焼け止め効果も高いです。
テクスチャーはクリーム状ですが、肌に馴染ませていくうちにサラサラなつけ心地になっていきます。新感覚の使用感にすぐ慣れていくでしょう。

 

お肌に溶け込むように馴染み、一日中みずみずしい肌がキープできます。
フランス生まれの植物由来成分で、ハリやツヤも生まれるでしょう。