アトピーの人こそ保湿が必要?

アトピー体質の人にも保湿が必要だというのはご存知でしたか?
アトピーと保湿にはどのような関係があるのでしょうか?

 

乾燥が原因でアトピーになる事もある

 

アトピーの人に保湿対策が必要になるのは、乾燥が原因でかゆみが出てしまう事もあるからです。
アトピー肌の人は、角質層にあるセラミドが不足しているために、水分保持力が低い傾向にあります。

 

このため、肌が乾燥してしまい、バリア機能が弱くなり、刺激に対して炎症を起こしやすくなってしまいます。
炎症とはアトピー特有の「かゆみ」というわけですね。

 

減ると乾燥してしまうセラミドとは?

 

セラミドをわかりやすく言えばつまり「潤い成分」の事です。
水分を保持する特徴があるので、セラミドが不足していなければちゃんと肌は潤い、乾燥防止となるでしょう。

 

一般的にアトピーには保湿対策が必要です。
炎症部分は塗り薬で治療し、乾燥している部分にはセラミド入りの保湿クリームを使うなどして、しっかり保湿対策していきましょう。

 

保湿アイテムを選ぶ時の3つのポイント

 

・低刺激のもの
・抗菌作用や抗炎症作用が高い
・保湿成分がしっかり入っている

 

アトピーの人におすすめの保湿成分

 

保湿アイテムを選ぶ時、やはり保湿効果に優れた成分配合のものを選びたいですよね。
高保湿力を持っていて、低刺激性である、以下のような水溶性保湿成分がおすすめです。

 

・エラスチン
・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸

 

ちなみにエタノールや界面活性剤やパラベンなど含むものは肌に良くないので、アトピー体質の人には不向きとなります。気をつけましょう。

 

終わりに…

 

アトピーの人は肌が非常に敏感なので、保湿用コスメを選ぶ時には、無添加のものを選ぶといいです。選び間違いがないように、念のため全成分を確認しておきましょう。
無添加でも心配であれば、使う前にパッチテストを行っておくと安心です。