保湿対策になる入浴剤を選ぶ時にこだわりたいこと3つ

乾燥肌や敏感肌の人、アトピー体質の人は、入浴剤にこだわると、湯船につかりながらスキンケアする事が可能です。入浴剤にも肌に良い成分を含んだ高品質なものが売られています。
入浴剤の選び方によっては、肌に悪影響が出てしまう事もありますが、逆に肌にとって良い効能の入浴剤もあります。
その入浴剤を活用していけば、肌をしっとり潤わせることや、アトピーによるかゆみも防いでいけるでしょう。ちなみにアトピーも乾燥によって加速してしまうことがあるので保湿対策が必要です。

 

いったいどのような入浴剤なら保湿対策できるのでしょうか?

 

こんな人は入浴剤を変えてみよう!

 

以下のような人は、これから入浴剤を自分の肌質に合うものに切り替えた方がいいでしょう。
・かゆみで夜眠れない事がある
・入浴すると乾燥しやすくなる
・冬になると乾燥したかゆみが出てしまう

 

肌にはもともと保湿機能が備わっています。しかし間違ったスキンケアを続けている人や、ストレスがたまっている人、寝不足気味の人の保湿機能は働きが悪くなってしまいます。
その結果、肌の水分量が不足し、バリア機能も弱って肌が乾燥してしまうのです!

 

乾燥肌を入浴剤でケアするには?

 

肌を保湿するためには、どんな入浴剤でもいいというわけではありません。
肌に合わない入浴剤もあり、逆に肌荒れや乾燥原因になる恐れがあります。
選ぶ時は以下のようなポイントにこだわって選んでみましょう。

 

・天然成分配合で刺激の弱いもの
・保湿効果の高い入浴剤
・無着色で無香料のもの

 

おすすめの入浴剤「モイスチュアバス」(NOV)

 

保湿効果にこだわるなら、モイスチュアバスがおすすめです。
NOV独自の海水を使用して得た保湿成分「オリゴマリン」というスクワランによって、入浴後も潤いが持続します。敏感肌・乾燥肌質の人が使うのに適しているでしょう。
無香料で低刺激性なところも安心です。